ゴルフは、休日になると多くの人たちがプレイを楽しむ国民的なスポーツの一つです。
今や人気若手プロ選手の登場もあってか、若い世代の方にも大人気のスポーツとなりましたね。

でも実は、ゴルフを楽しむ人独特の腱鞘炎があることをご存じでしょうか?

それはスイングをする時にどうしても、手首や肩に大きく負担が掛かってしまうからです。
すると筋肉疲労が起こって、手首や肘の腱に炎症が出てしまうのです。
特に熱心に練習を重ねる人ほど症状が出やすいのが特徴になります。

上達したい気持ちも判りますが、必要以上の練習は体の負担も大きいのです。
練習のし過ぎで痛みが増してしまうと、本番で思うような結果も出せなくなってしまいます。
大好きなゴルフを楽しんでプレイするためにも、腱鞘炎にならないように注意しましょうね。

治療としては2週間程プレイを禁止し、サポーターやテーピングなどを施して安静を保つなどの方法があります。
治癒後に復帰する際も決して無理をせず、様子をみながら徐々に試してみてくださいね。