ラケットを振ったら手首や肘に違和感や痛みを感じるようになった、という場合は、
腱鞘炎になっていることが考えられます。
もしもテニスで腱鞘炎になってしまった場合は、必ず医師の診断を受けた上で適切な治療を受けましょう。

では、どうしてテニスをすることで腱鞘炎を引き起こしてしまうのでしょうか?

ラケットをスイングする行為は、手首や肘をひねる動作になりますよね。
その上、球を打つ時には思っているよりも大きな力がラケットに掛かっているものです。
ですから、知らず知らずのうちに手首や肘に多大な負担になってしまっているのです。

予防法としては、プレイする前に十分なストレッチを行っておくことが有効です。
また、プレイ後には筋肉疲労の早期改善に努めましょう。
更に、全身の筋肉をバランスよく鍛えることも効果的です。

また、正しいラケットの持ち方やスイングの仕方を身につけることも大切です。
是非上級者に一度自分の状態を客観的に見てもらって、直すべき所は直しておきましょう。