ガングリオンが出来て整形外科を受診しても、痛みが無い場合はそのまま経過観察する場合が多いです。

でも、いくら良性の腫瘍だから問題ないとはいえ、結構目立つので気になりますよね。

では、どうして手首にガングリオンができるのでしょうか?
実は、原因は未だによくわかっていないのです。

一説には手首を酷使することによって症状が悪化するとも言われています。
実際に、手先を良く使う職業の人に多く見られるのも事実です。

でも、これも決して決定的な原因ではありません。

ですから予防方法といっても、実はこれといって無いというのが現状です。
手首を酷使する人に多く見られる症状であっても、それが全ての人に当てはまるわけではありません。

でも、ガングリオンはあくまでも良性の腫瘍の一種ですし、そのせいで痛みやしびれが出た場合にも、きちんとした治療方法もあるのです。
原因がわかっていない現在のところ、気にしないのが一番ということになりますね。