手首の炎症があると、ちょっと動かしただけでも痛みが走るので、気になって仕方がないですよね。
できることなら、一刻でも早く辛い症状を改善したいものです。

では、この症状を抑えるための効果的な治療法には、どんなものがあるでしょうか?

そのためには、とにかく患部を動かさず安静を保つことが一番です。
炎症を起こしている部分は、動かしてしまうことで余計に悪化させてしまうからです。

できれば本当に何も動かさないことが良いのですが、なかなかそうもいきませんよね。
できるだけ手首に負担が掛からないようにするためには、テーピングやサポーターの使用が手軽で確実なので、オススメです。

また、痛みがあったり腫れが見られる場合は決して温めないことが大切です。
温めてしまうと炎症がひどくなって、余計に痛みや腫れが出てきますから注意してくださいね。
温めるのは、症状が治まって痛みや腫れが引いてからが効果的ですよ。

しかし、時間が経っても良くならなかったり、より悪化してきたなと思うのだったら医師に相談しましょうね。