手首の腱鞘炎は、とても再発しやすいことで知られています。
やはり、日常生活を行っていく上でどうしても一番酷使してしまう場所ですからね。

では、再発を防ぐために心掛けるべき点にはどのようなことが考えられるでしょうか?

それにはまず、自分が腱鞘炎になってしまった原因をしっかり認識することが大切です。
原因も人それぞれですから、その理由が判らないことには対処のしようがありませんよね。

例えば、パソコンを多く使う人は、キーボードの打ち過ぎが原因になっている場合があります。
この場合は、キーボードの前にアームレストを設置したり、机や椅子の高さを調整したりして、
楽な姿勢で手首に負担が掛からないように心掛けましょう。

でも、育児中の腱鞘炎など、残念ながら発症時の環境を思うように変えにくい場合もありますよね。
その場合でも、作業中に適度に休憩を挟んだりして手首に掛かる負担を減らしてあげましょう。
腱鞘炎の再発を防ぐには、手首に負担を掛け過ぎないように自ら努力することが何よりも大切なのです。