手首に起こるドゥケルバン腱鞘炎という症状をご存じですか?
名前だけ見ると、なんだか難しそうな症状に思えますよね。
でも、意外と私たちに身近な症状なんですよ。

このドゥケルバン腱鞘炎の原因としては、手首の酷使が一番に挙げられます。
特に最近はパソコンのキーボードの打ち過ぎが原因になっていることが多く見られます。

治療方法は原因となっている動作を控えることです。
例えばパソコンのキーボードの打ち過ぎが原因である場合は、キーボードを打つことを控えることになります。
一般的にはいきなり手術ということにはならず、温存療法といって経過を見ながら治癒を目指します。

しかし、普段から自分で行える予防方法があります。
それは患部に負担を掛けない環境を整えた上で、長時間原因となっている動作を続けないことです。
休憩をしっかり取り、ストレッチなどで疲労した筋肉をほぐすことも心掛けましょう。

適切な環境を整えた上での適度な休憩と、ストレッチ。
これが一番の予防方法であることを覚えておいてください。