手の親指に見られる、第1指狭窄腱鞘炎をご存じでしょうか?
ぱっと見では、あまり馴染みのない名前ですよね。
ここでは、この第1指狭窄腱鞘炎について詳しく見ていくことにしましょう。

具体的な症状としては、まず親指の動きのスムーズさがなくなります。
指を曲げた状態から伸ばした時に、カクンとなることが特徴です。
また手首の親指側に、腫れと痛みが見られます。

第1指(親指)は、指の中でも人差し指同様に酷使される確率が高く、
曲げ伸ばしを行うときに使われる腱に大きな負担が掛かりやすいのです。
腱は、腱鞘と呼ばれる部分で動きをコントロールされているのですが、指の酷使が、
この腱鞘にとっては一番の大敵なのです。

この症状があると、日常生活のあらゆる場面で不便を感じるようになります。
物を掴むにしても何をするにしても、主な役割を担う指だからです。

手を酷使する職業や環境に置かれている人は、適度な休息を挟むことで、
親指への負担を減らすように努力しましょう。
また、症状が見られる場合は第一に安静を保つことを念頭に置いてください。