利き手の人差し指の腱鞘炎に悩まされている人が増えています。

日常生活を送る中で最も使用頻度が高いと思われるのが、この指ですよね。
そのため、痛みがあったりすると、大変不便を感じてしまいます。

原因にもいろいろあるのですが、多く見られるのはパソコン作業中のマウスの使用によるものです。
パソコンを使用している最中は、マウスのクリックをする回数が大変多いものです。
この時に、ついつい必要以上に強い力でクリックを繰り返していると、人差し指には思っているよりも大きな負担が掛かってしまうのです。

これを避けるための物理的な対処方法としては、マウスを止めてトラックボールに交換することが考えられます。
また良い予防方法としては、長時間の持続した作業を避けることがあります。
さらに適度な休憩を入れて手指を休ませる、などがあります。

また、意外と姿勢が悪いことが原因となっていることもあります。
作業中の姿勢を正しい姿勢に治すことで、症状の再発を抑えることもできます。
一度自分の姿勢が悪くないかもチェックして、総合的に改善を目指してくださいね。