「なんだか手首が痛い気がする、これはもしかして腱鞘炎かな?」
そう思ったのなら、素人判断で市販の湿布を貼ったり軟膏を塗って対処するよりも、病院に行くことをオススメします。

なぜなら、この段階では腱鞘炎でない病気の可能性も否定できないからです。
病院に行けば、レントゲンを撮ったり医師の問診を受けたりした上で適切な症状の診断が可能です。

でも、たかだか手首の痛みぐらいで病院に通うなんて気が引ける、と思う方もいるかもしれません。
しかし、本当に腱鞘炎であるならば初期段階で治療を開始した方が治癒までかかる日数を短くできるのも事実です。
ここは是非ともプロの力を借りましょう。

一番いけないのは、症状が重くなってきているのにも関わらず相変わらず湿布や軟膏で対処している場合です。
痛みが改善してきているのなら良いのですが、そのまま放っておくとますます悪化してしまう可能性が大きくなってしまいます。

辛い痛みを早く治すには、結局は治療のプロである病院に通うことが一番なのです。