手首や足首を動かすと、なんだかギシギシときしんだような音がする。
では、どうしてこのような症状が表れてくるのでしょうか?

手首や足首は、動かす時に腱と腱鞘が擦れ合う構造になっています。

日常生活を普通に送っているだけでは問題なくても、手首や足首ばかりを酷使続ける動作を長時間行うことで、
大きな負担を掛けてしまいます。
すると、腱鞘の部分が耐えきれなくなり、炎症を起こしてしまうのです。

これが腱鞘炎です。
たとえば、パソコンやピアノ、テニスやゴルフのやり過ぎなどが主な原因となります。

場合によっては痛みや腫れが出てくる前に、このギシギシとした違和感のみに気づくこともあります。
また痛みや腫れと同時に起こる場合もあります。
いずれにせよ、こうした自覚症状がある場合は腱鞘炎になっている可能性が高いので、
早めに処置を開始しましょう。

腱鞘炎が悪化すると、動かした時はもちろん、動かさない状態でも常に痛みが引かなくなってしまいます。
初期段階で治療を開始した分だけ、苦痛も早く消え去りますよ。