腱鞘炎と良く似た症状を示すものに、リウマチがあります。
では、この2つの症状の違いは具体的にはどんな点にあるのでしょうか?

腱鞘炎は単に手首や指などの特定部位の酷使が原因で、腱鞘部分が炎症を起こしている状態です。
原因がこのように、比較的はっきりしていることが特徴です。

対して、リウマチは初期段階の痛みは症状として似ていますが、全く別の病気になります。
こちらは進行すると関節自体が変形してしまいます。
原因は不明な場合も多いのですが、免疫異常が症状の出現に深く関係しているのではないかという見方もあります。
また一部の関節だけではなく、全身に症状が現れるのも大きな特徴です。

腱鞘炎の場合と違って、X線検査や血液検査、尿検査など様々な検査を行う必要があります。
このため、できれば専門医に診てもらうことが理想的です。

しかし、素人にはどちらの症状なのか判断がつきませんよね。
ですので、どちらの症状か不明で心配な場合は、最初は整形外科を受診すれば良いでしょう。
ただし、リウマチが心配である旨を必ず医師に相談してくださいね。