腱鞘炎の症状を抑えるための応急処置として、市販の湿布を貼るという方法もあります。

でも、市販の湿布にも温感タイプと冷感タイプの2種類がありますよね?
この場合は、どちらを選べば良いのでしょうか。

腱鞘炎は患部に炎症が起きている状態です。

特に初期段階で、腫れて熱を持っていたり痛みがある場合はとにかく冷やすことが大切です。
こうすることで炎症を抑えることができるからです。
なのでこうした初期段階で症状が強く出ている場合は、湿布も冷感タイプを選ぶべきでしょう。

こうした時期は入浴時も患部を湯船につけて温めることは、当然避けましょうね。
これでは症状がますます悪化してしまいますから、シャワー浴のみにとどめて様子を見ましょう。

また痛みが治まっている時は、冷やすよりも温めた方が血行も促進されるのでベストとなります。
いわゆる慢性期と呼ばれる時期ですね。
このような慢性期の対処方法としては、温感湿布も役に立ちますよ。

その時の症状の出方、状態によって両方を上手く使い分けることが大切なのです。