上手にテーピングを施すことができると、随分と腱鞘炎の痛みが楽になります。
それは、患部の動きを制して余分な負担を掛からなくしてくれるからです。

少しでも痛さがやわらぐのなら、試して損はありませんよね。
では、具体的にどのような巻き方をすれば効果的なのでしょうか?

コツとしては、きつ過ぎず、ゆる過ぎずといった力加減が大切です。
きつ過ぎてしまうと血行不良を起こしてしまいます。
またゆる過ぎてしまうと、全く意味がなくなってしまいます。
患部の動きがある程度制限されるぐらいの巻き方が、ベストとなります。

もちろん自分で行うことも可能ですが、腱鞘炎が起きている部分によっては、
誤った巻き方が症状を悪化させる場合もあります。
心配な場合は、医師などの専門家の指示を仰ぐと良いでしょう。

また、実際にテーピングに使うテープは伸縮性の良い専門のタイプを使うようにしましょう。
あまりにも伸縮性のないタイプを選んでしまうと、皮膚にも大きな負担が掛かってしまいます。
さらに皮膚のムレを防ぐ通気性の良い物は、衛生的に使用できるのでオススメですよ。