腱鞘炎を予防するために大切なことを考えてみましょう。

この症状は、まじめに一つのことを長時間やり過ぎてしまう性格の人に多く見られます。
もちろん、この事自体は決して悪いことではありません。

しかし腱鞘炎の予防、という点から考えると、あまり好ましくはありません。
なぜなら、長時間作業を続けることが一番の危険因子になるからです。
長時間作業を続けることは、特定の部位に負担が大きくなり過ぎてしまいます。

ある程度の時間作業を行ったら、必ず休憩を取りましょう。
要は、作業中と休憩中のメリハリを付けることが大切なのです
また、作業を続けていてだるかったり疲れたと感じたら、無理せず作業を中断しましょう。

効率良く作業をした上で、休憩はしっかり取る。
このような心掛けで取り組みましょう。

また、作業開始前後に、多く負担が掛かる部位の筋肉をよくほぐすために、ストレッチを行っておくと効果的です。
ストレッチは腱鞘炎の予防だけでなく、疲労回復にも効果的ですよ。

このような日頃の心掛け次第で予防できるのですから、しっかり対策をしておきましょうね。