最近はコミュニケーションの手段として、電話よりもメールの方がより好まれていますね。
相手が忙しいかどうか考える必要もなくいつでも気軽に送れるメールは、もはや私たちの生活に無くてはならない存在ですよね。

さてメールを送信するには、大きく分けてパソコンからと携帯からの2つに分けられます。
このうち、特に携帯からメールすることが若い女性に多く見られるのが、親指の屈折腱腱鞘炎です。

みなさんはどのように普段、携帯でメールを打っていますか?
多くの人は、電話機本体を持ちつつ、持っている手の親指を使ってボタンを押して文字入力をしていますよね?

短い文章ならまだしも、長文メールを打ち終わった後に疲労感を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

携帯メールは非常に便利なツールですが、使い過ぎは親指の屈折腱腱鞘炎を起こしやすいので、十分注意したいものです。
どうしても長文を打たなくてはならない場合は、急がずにゆっくり打つように心掛けるだけでも、随分違います。

また、長文になる場合は本来はパソコンを使用した方が効率が良いことも覚えておいてください。